おいしい食べ物・安心な食べ物・健康になる食べもの

心から「おいしい」と思える食、「いただきます」といえる食、感謝の念が湧く料理。これは愛情を持って作られたもの。食を大切にすると、つながっているものすべてが大切に思えてきます。

鶏の胸肉を塩麹に漬けて料理すると格段においしくなる。このくらいの差を感じるのが、短角牛のもも肉。

牛のもも肉はこんなにもおいしいものだったのか。と常識を覆されます。

旨味成分が豊富で健康に育てられた短角牛のもも肉は抜群です。

一度、短角牛のももステーキを通販しています。是非、お試しください。

冷めてもおいしいお米、銘柄



私たちは、コシヒカリ、つや姫、ゆめぴりか、ササニシキ、あきたこまち、ひとめぼれ、はえぬき、おもに取り扱っています。もちろん、さがびよりや森のくまさんなど九州のお米、その他新興物のななつぼし、青天の霹靂、龍の瞳、きぬむすめ、さらには一世代前の亀の尾、さわのはななども食べる機会が多くあります。

そのなかで、炊きたてほかほかのご飯はもちろん、お弁当用にも最適で冷めてもおいしいお米はどんな品種でしょうか。でんぷんの特性、炊飯の特性や技術、米の特性によるブレンドなどからも推察できるのでしょうが、ここは実際に食べた感じから、おにぎりにしても、お弁当にしても、夏に食べても、冷めてもおいしいお米と、吟味を重ねました。有名寿司店や料亭がみなさまざまな銘柄を使っているのと同じで、好みのよるところもあると思いますが、以下の感想から導き出しました。
※ちなみにここは軟水、軟質米の山形県。

・ゆめぴりか、つや姫などの新興ブランドは「一口食べたらおいしい、もちもち系」で、腕のよい生産者が作ったものなどはさらに粘りが強くお弁当にしたら箸を入れても全部持ち上がってしまいます(炊き方による)。おにぎりにしたら空気が入りずらく、もちもちしておいしいのに、ちょっと口飽きしてしまう感じ。
・西日本や昔の銘柄は「少しさっぱりしすぎ」で冷めたときはやや硬く、味も少し物足りません。
・山形のはえぬきはコシヒカリと並び、食味ランキング特Aの常連銘柄。しかも、コンビニのおにぎりに採用され業界でも評判ですが、弾力というかパンチがありすぎ。夏には口解けが今ひとつ。
・あきたこまちやコシヒカリは冷めるとやや締まり気味で、こちらものど越しが今ひとつ。
・ミルキークイーンなどはもう餅米に近いので冷めたら硬くならなくても、おこわのようになってしまいます。サッパリ系とのブレンド向きです。

 という理由から、冷めてもおいしいお米はこれに決定です。
 (同じ銘柄でもかなり味の幅があります。今回は東北産のBG無洗米)

冷めてもおいしいお米
 おいしいご飯の炊き方、おいしい塩にぎりのにぎり方なども紹介しています。
 
<おまけ情報>
 お米は軟水で炊いたほうがおいしいのです。硬水のミネラルウオーターでいつも食べているお米を炊いてみてください。え、と思う体験ができます。硬度が高い地方の方は、軟水のミネラルウオーターで炊くことは、確実にご飯がおいしくなるコツです。
※以下は平均です。水系、浄水場、貯水タンクによって大きく異なります。

★軟水の地方:北海道、秋田、宮城、新潟、愛知、島根
★硬度が高い地方:東京、神奈川、群馬、滋賀、福岡、熊本、千葉、埼玉、沖縄

お米自体の特性としても、東北、北陸で作られる米は「軟質米」で、でんぷん質による組織がやわらかく、その逆は「硬質米」でその他西日本でとれる米で、でんぷん質による組織がかたいという特長があります。その性質にあった炊き方も重要になってきます。

是非、お試しください。

全国有機農法連絡会のお米の生産者は、秋田、宮城、山形の三県に点在しています。

それは、不作などの自然災害の影響を最小限にとどめて、お米の安定供給ことが目的です。

福島の原発事故以降、放射能汚染が心配されましたが、

検出下限値が2Bq以下の高精度の検査機器で、

「全生産者」のお米を検査しました。

その結果、すべて不検出という結果です。


これを定期購入すれば、お米はなにも心配せずに一年間ずっと安心して食べられるということです。

申し込みも多くなっているので、定期購入ができるかお問い合わせください。

まずは、栄養価の高い安心な米作りをした全国有機農法連絡会のお米をお試しください。


   >>放射能不検出のおいしいお米はこちらへ

   >>野菜と一緒にとれば送料分負担も少なくなります

   >>定期購入会員になるとこちらが利用できます。

   >>おいしいお肉の宅配・定期購入はこちらへ








■7月上旬〜中旬の出荷(ご予約は6月下旬)
─────────────────────────────
 うまい!すもも「大石早生」 クエン酸、リンゴ酸、暑い夏にぴったり!
  繊維質豊富、カラダすっきり!
─────────────────────────────

 山形も昨日から夏らしい天気が続いて、梅雨開けもうすぐです!
 この季節にしか食べられないおいしい果物は「大石早生」。
 このすももは、しっかりとした甘い果汁の中からレモンのような酸味が追いかけてきます。
 だから、食べ方は、よく冷やして皮ごとがぶり。
 皮と種のまわりに多い酸味も効いて、食べた瞬間にカラダがリフレッシュ。
 朝の目覚め、帰宅後の食欲増進にぴったりです。

 ◆大石早生の食べごろ
  大石早生は収穫後にすぐ柔らかくなってしまうことから、
  黄色い状態で収穫されます、だから、味がやや落ちます(トマトと同じです)。
  それはさておき、食べごろは、樹で熟したものでも同じで、
  冷蔵庫で保管しておき、全体が赤くなったころが食べごろです。
  半分くらい赤くなっている状態で購入した場合なら、
  冷蔵庫で3日くらい、黄色いものは7日くらいで赤くなると思います


 ◆酸味が決めて!すももジャムの作り方
  すももジャムはヨーグルトに添えたりしてもおいしいです。
  ・分量:すもも100%に対して 砂糖20% レモン1%
  ・皮付きのまま刻み種を取ります。上記を入れて煮込みます。
   ※種をとった果肉はフードプロセッサーにかけてもOK。
  ・ビンに入れて加熱殺菌。開封後は冷蔵庫保管です。


 ◆大石早生の産地
 大石早生は古くから栽培されている品種で、
 山梨、長野、和歌山、山形など果物の産地が主流ながら全国で栽培されています。
 収穫時期は南から北上するので、ここ山形は最終に近い7月上旬〜中旬なのです。
 この時期が一番むしっと感じる時期なので、より一層おいしく感じます。


 ◆味自慢!全国有機農法連絡会の「だだちゃ豆」「メロン」「桃」
   今年は上出来の予感!お早めにお申し込みを!