レトルトカレーや市販のカレールウで作ったカレーを食べると胸焼けしませんか。
でもインド料理などで本格的なカレーを食べたときはあまり胸焼けを感じません。

その原因・理由を考えずに過ごしていましたが、
レトルトカレーの原材料を目にする機会があり、あの胸焼けや胃もたれの原因が一目瞭然でした。

★セブンアンドアイ ビーフカレー中辛(エスビー食品)の原材料
野菜(じゃがいも、人参)、ソテー・ド・オニオン、小麦粉、牛肉、動物脂、砂糖、果糖、食塩、りんごペースト、カレー粉、醸造酢、香辛料、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)カラメル色素、増粘剤(加工デンプン)、香料


→「牛肉」より「小麦粉」のほうが多く、「牛肉」のつぎに「動物脂」が使われていて、食塩よりもカレー粉が少ない。


つまり、胸焼けや胃もたれする理由は、動物性油脂が多いからではないでしょうか。


そこで、カレールウの原材料 を調べてみました。

★セブンプレミアム コクと旨みの味わいカレー 中辛の原材料

食用油脂(牛脂豚脂混合油、パーム油)、でんぷん、小麦粉、砂糖、食塩、カレーパウダー、香辛料、ローストオニオンパウダー、デキストリン、しゅう油加工品、脱脂大豆、ローストガーリックパウダー、玉ねぎエキス、チーズ、調味料(アミノ酸)、香料 


びっくりしました。一番多いのは「食用油脂」。つぎに多いのはとろみがつく「でんぷん」「小麦粉」です。


つまり、カレールウとは、溶かすとトロトロになる「カレー味の動物性油脂の塊」だったのです。


だから、家庭の手作りカレーでも具沢山でなければ胸焼けするわけです。

カレーを食べて胸焼けを感じる方は、この認識を持ち、ルウー部分=動物性油脂をあまり食べないようにすることで、胃もたれや胸焼けが避けられるはずです。


<カレーで胸焼け・胃もたれしない方法>
・家で作るなら、カレールウを使わずにカレー粉を使うことで解決。
 旨味を肉や野菜からしっかり出せれば問題なし。
 血液サラサラ、糖尿病対策、ダイエットにもいいですしね。
(SB食品より動物性原料不使用のベジカレールウが販売・油は植物性)

・胃もたれや胸焼けを解消するためには、キャベツを含むサラダをたくさん食べたり(カレーを食べる前に)、ウーロン茶(脂を固まらせないために温かい)を一緒に飲むなど、対応もあるかと思いますが、そもそも、調子が悪くなるものはその人にとっては「食べ物」ではありません。無理して食べないことが一番。





---以下、記事とは関係ありませんが、ハンバーグの原材料を記録しておきます---

★セブンゴールド 金のハンバーグ (製造:日本ハム)
<原材料>
牛肉(アンガス種)、玉ねぎ、つなぎ(パン粉、卵白末、卵白液)、ぶどう糖、食塩、食物繊維、しょう油、香辛料、ゼラチン、牛乳、酵母エキス、加工デンプン、調味料(アミノ酸糖)、カラメル色素
ソース(玉ねぎ、牛肉、水飴、牛脂肪、りんごパルプ、トマトペースト、小麦粉、砂糖、ワイン調整品、マッシュルーム、フォンドボー、食塩、ポークエキス、バター、しょう油、たん白加水分解物、醸造酢、砂糖加工品、香辛料、カラメル色素、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等、酸味料))

★セブンプレミアム デミグラスソースのハンバーグ(製造:日本ハム)
<原材料>
食肉(牛肉、豚肉)、玉ねぎ、つなぎ(パン粉、卵白末)、粒上植物性たん白、牛脂肪、ぶどう糖、ポークエキス、しょう油、食塩、牛乳、たん白加水分解物、にんにく、香辛料、ゼラチン、加工デンプン、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酸味料、香料
ソース(玉ねぎ、りんごパルプ、水あめ、トマトペースト、牛肉、砂糖、小麦粉、マッシュルーム、マーガリン、ポークエキス、ワイン、食塩、たん白加水分解物、しょう油、醸造酢、砂糖加工品、香辛料)