平田牧場プレミアム三元豚


平田牧場のおいしい豚肉「平田牧場プレミアム三元豚」のご紹介

平田牧場では、三元豚を開発したことで有名ですが、ランドレースを掛け合わせた大ヨークシャー(雌)に、デュロック(雄)を掛け合わせた三元交配豚が一般的です。プレミアム三元豚は、デュロックではなく、黒豚の「バークシャー」を掛け合わせています。
肉の量を優先した交配ではなく、肉の質を優先した交配のため、一般の豚が150日から180日の飼育期間に対して約200〜240日とじっくりと育てられます。緻密な肉質と旨味、甘味のある脂身が特長です。

graph1_pc


健康飼育・安心な飼料

飼料には、抗生物質は特別な場合を除いて使用せず(飼料に抗生物質を混ぜる→免疫低下→抗生物質→耐性菌の発生・目的外として早く成長する効果)、飼料には遺伝子組み換えではない(残留農薬や除草剤も心配)とうもろこしや大豆(もちろん収穫後の農薬は不使用・PHF)、そして国産飼料米を使うことで、甘味のある脂身(白身)、緻密な肉質で、コクのあるワンランク上の安全性と味わいを持ちます。豚舎の環境に配慮した健康飼育がこれを支えています。

hiraboku
豚舎は嫌に臭い無し、豚さんたちは穏やかです。平田牧場サイトより

安心で肉本来の味わいを


輸入肉は価格が安いのですが、EU、ロシア、中国で使用禁止となっている抗生物質やホルモン剤の心配があるうえに、安さを求めれば、遺伝子組み換え作物を応援することにもなります。その点でも安心安全への取り組みを続けている畜産農家を支えていかなければなりません。その平田牧場はおいしさも兼ね揃えています。肉の摂取量が多い時代だからこそ、量を減らし質をあげたり、闘病中の方、これからいのちを授かる女性や育ち盛りの子供たちには、安全で肉本来の味わいがあるものを食べてもらいたいものです。(輸入牛肉や鶏肉も同じです)

豚肉加工品も安心なものを


豚肉加工品であるハムやウインナー、ソーセージなどはどんな豚肉を使っているかわからないうえに添加物が加わります。お弁当を持つお子様などには食べる機会も多いと思います。便利かもしれまんせが、豚肉を塩と胡椒だけで焼いたり生姜焼きでも十分代用ができます(時間もかからない)。どうしてもというのなら、平田牧場などの無添加品を選んで。


平田牧場プレミアム三元豚について詳しくは、平田牧場プレミアム三元豚のご案内へ(通販・定期購入可)

鶏肉も安心なものを 安心な鶏肉はこちらでご購入いただけます