りんご「紅玉」の時期(旬・収穫の時期・お届け時期)っていつ?


kougyokuこの写真はかなり小玉です。

 紅玉は根強い人気。生産者側からその人気をひしひしと感じています。
生食ファンもいますし、これでなければアップルパイができない、タルトタタンができないという方、ジャムはこれじゃないとダメ!と、みなさまこだわり、そして毎年楽しまれています。
このおいしさを知っている人は、9月下旬になるとそわそわします(注文されます)。

 それと同じように、まだ紅玉ファン予備軍の方からは、紅玉はいつから出荷ですか?と尋ねられます。でも、その時期が10月下旬ともなると申し訳ないことに、、、。

紅玉の旬・収穫時期は10月上旬〜中旬です

 こちらは、産地なので毎年色づく季節を目で見て、そろそろ紅玉の季節だな、と肌で感じるものです。

「紅玉は10月に入ったら収穫、紅玉の注文は9月中」と覚えておいてください。

 なぜ9月中かというと、たとえば、桜の開花が早い年はりんごも早く開花します。紅玉の収穫時期が10月中旬だと思っていたら、その時期には完売ということもあるのです。その年によって開花時期が1週間早ければ10月上旬、遅ければ中旬となります。

え?紅玉なんて一年中売っているよ、という方・・・

 それはそれで需要にこたえるために必要なので、貯蔵販売の努力をしています。しかし、その味は天と地の差があると考えてください(とくに生食時)。貯蔵するためにはおいしい(よく熟した)ものではダメなのです(若もぎしているので味がのっていない)。それでも紅玉ならではの味となりますが。

 おいし紅玉は、食べた瞬間に体中から元気が沸き起こるようなおいしいものは、樹で熟していたもの(10月中旬くらいに収穫になるものは蜜が入ります)で、その味の持続は、収穫してから4-5日です。冷蔵庫で保管しておいても2週間程度です。

 だから本当においしい紅玉を食べたい、食べてみたい、素材の力で、おいしいアップルパイ、タルトタタン、ジャムを作りたい、おいしい焼きりんごを食べたい!という方なら、「甘くて」「酸味があり」「果肉がしっかりした」「新鮮」な紅玉がおすすめなのです(加工用の青もぎしたものは日持ちはしても砂糖などの味が勝ってしまいます)。
どうぞ、早めに注文をしてください。


生食もおいしいから・・・
・おいしいアップルパイが作れるりんごの品種は「紅玉」
・おいしいタルトタタンが作れるりんごの品種は「紅玉」
・おいしいりんごジャムが作れるりんごの品種は「紅玉」です!


kgIMG_7748

紅玉の鉄則・・・アップルパイを作りたいとき、食べたいときに買うのではなく、一番おいしい時期に人間が合わせて食べたり、加工することが一番なのです。

 少しでも長く保存したい場合は、紅玉を野菜などの鮮度保持袋(エチレン吸着タイプ)と一緒に新聞紙に包んで、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管です。

2016年の紅玉の時期(収穫・お届け)は10月上旬から順次行う予定です。DSC_0219


9月下旬〜10月上旬にご覧の方は「紅玉」の予約が間に合います。

紅玉の通販のご案内ページ(通年)はこちらです。