hirabokure


レバーペーストは、鉄分(吸収しやすいヘム鉄)、ビタミンA(免疫・眼・老化防止・抗酸化)、ビタミンB2(エネルギー燃焼・脂肪分解)、ビタミンB1(疲労回復)、亜鉛(酵素活性・免疫、新陳代謝)、葉酸(造血)などを多く含む食品。鉄分補給にはおすすめの食材です。

新鮮なレバーが手に入るならば、購入して自分で料理をすればよいのですが、おいしく食べるには下処理や調理に時間がかかります。レバーの栄養が簡単にとれるレバーペーストを常備しておけば、不足しがちな栄誉不足を補ったり、親も子供も体調アップに役立ちます。

ただし、レバーは解毒する役割のある臓器、市販品のレバーは飼料や薬剤投与などが不明。やはり安心なもので、無添加で作られたものを選びたいものです。今回は、子供にも安心、無添加のレバーペースト(製造/平田牧場)のご紹介です。

 無添加の安心レバーペーストの通販・ご購入はこちらから
 

三元豚レバーペーストとは・・・

P1550832
  • 平牧三元豚のレバーペースト(無添加)は、あっさりとしていながらコクがあるおいしさ。
  • 元気に育った新鮮な平牧三元豚レバーに豚肉、香辛料や水飴などを加えたなめらかで食べやすいレバーペースト。
  • 臭みもなく食べやすいので、レバーが苦手な方にもおすすめ。
  • サンドイッチ、クラッカーやバゲットにつけたり、ワインやビールのおつまみに。
  • レバーが苦手な方の鉄分補給が目的なら、カレーやパスタ、ハンバーグの隠し味で。
  • お好みのハーブやスパイス、調味料(和洋中)を加えてオリジナルペーストに。
  • ひと手間加えるなら、ニンニク、玉ねぎ、セロリ、人参、パセリなどの香味野菜を加えて(みじん切りを生のまま、加熱してから)
P1560119




ここでご紹介するレバーペーストは、平田牧場さんやお取り寄せ王子で紹介されたり、カルディさん、オイシックスさんで販売されている冷蔵のココット入りタイプ(100g 594円〜)ではありません。でも、「原材料が同じ」で、「冷凍保存」ができて(賞味期限180日)、50gに小分け(×3)されて使い勝手の大変よいレバーペーストです。価格も486円とお得です。

P1550840


三元豚レバーペーストのおすすめ理由


P1560067

<使い勝手がよい>

・「冷凍品」なので食べたいときに食べられます。
・冷蔵庫に移しておき2〜3時間ほどで「解凍」できます(不完全な場合は手揉み)
・50g単位なので「使い切り」できます。
・チューブに入っているので、表面の酸化が少ない。

<価格がお手頃>

・150g入りで486円(税込)

<そもそも安心>

◎平牧三元豚の無添加レバーペーストの原材料
 豚肉(国産・平牧三元豚)・豚肝臓(国産・平牧三元豚)、食塩、香辛料、水飴、砂糖


<一般のレバーペーストの原材料>

 ◎某高級レバーペーストの原材料例
 豚肉,豚肝臓,豚脂肪,食塩,香辛料,ハチミツ,調味料(アミノ酸等),発色剤(亜硝酸Na)
 ◎コストコで販売されているローマイヤーのレバーペーストの原材料例
 豚脂肪、豚肝臓、ポークエキス、玉葱、食塩、香辛料、カゼインNa(乳由来)、リン酸塩(Na・K)、発色剤(亜硝酸Na)
 ◎140g 320円のレバーペーストの原材料例
 豚レバー、豚肉、豚脂肪、生クリーム、たまねぎ、食塩、デキストリン、香辛料、糖類(ぶどう糖、砂糖)、オート麦ファイバー、ポークエキスパウダー、さとうきび抽出物、加工でん粉、セルロース、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、(原材料の一部に乳成分、豚肉を含む)



<無添加であることに加えて>

・「素性あきらかな鮮度のよいレバー」を丁寧に塩もみし、豚肉と調味料、スパイスを調合した食べやすく、クセのない味わい。(アレンジしやすい)

・飼料が安全:収穫後(輸送中)農薬を散布していない、遺伝子組み換えではない飼料、国産飼料米使用。

・抗生物質不使用(生後120日以降・特別な場合を除く)そのために健康飼育が重視されています。
 豚舎はとても広くて衛生的。豚はみんなおだやかな顔をしています。

・だから豚が健康、豚肉は安心でおいしい(飼育期間:約200〜240日/一般:約150〜180日)。

なぜ安全性にこだわるのか?最近では、インフルエンザなどのワクチンに除草剤グリホサポートが検出されているニュース(アメリカ消費者団体)があり衝撃を受けました。
除草剤の混入の原因・・・ワクチンには豚靭帯由来のゼラチンが使われていて、その豚はモンサントの遺伝子組み換えの穀物飼料を与えており、その穀物は除草剤ラウンドアップを使っている→穀物に残留→豚の体内に残留。


このように、価格や味以外でも、「なにを食べて育った豚なのか」も重要なのです。肝臓は解毒機能を有する臓器ですから、どうやって飼育されたのかわからないものを食べるのは気が引けますし、私は子供に食べさせられません。とくに、国産で無添加であっても、それらが不明のレバーペーストを使った離乳食はおすすめできません。

 いかがでしたでしょうか。
 無添加で冷凍保存ができて、使い切りタイプの安心なレバーペーストです。
 これなら離乳食に使う場合も安心。どうぞお試しください。

 おすすめの無添加安心レバーペーストはこちらで販売しています