山形の天然なめこを予約制で通販


天然なめこの通販
お届けは10月より。採取次第のお届けとなります。
天然物ならではの素晴らしい味わいをお楽しみください。
天然なめこの予約販売(9月中旬〜10月中旬まで)はこちらへ

<天然なめこ・原木なめこの下ごしらえ>

おいしい天然なめこ原木なめこや天然なめこは自然のなかの枯れ葉や虫がついています。洗ってしまうとせっかくの香りが弱まってしまいますので、そのままお届けしています。水につけておくと、なめこについたごみや枯れ葉などが取れやすくなります。
なめこの下処理原木なめこの枯れ葉を取る

 1. ボールに水を張り、なめこを入れて1〜2時間漬けておく。
 2. 浮いてきたり水の中にある枯れ葉などを取り除く。
 3. 水の中で石付きの部分をキッチンばさみでカットする。
 4. なめこをザルにあげて、軽くゆすぐ。
 5. 容器に移し少しおくと、ぬめりたっぷりのピカピカのなめこに。
   一晩冷蔵庫におくと、さらにぬめりがたっぷりになります。


<天然なめこ・原木なめこの保存>

天然なめこおろし
 下ごしらえ後、タッパーなどに入れて冷蔵庫で2〜3日でしょうか。
 酸っぱい臭いは乳酸菌ですが、匂いがきついと感じたらあきらめて。
 なめこがしっかりしていれば、水洗いして加熱調理で。
 ※そのまま冷凍させておくこともできます(使うときはそのまま鍋へ)。
  山形ではこれをお正月に食べたりもします。

<天然なめこ・原木なめこ料理>

IMG_4549

 出汁をしっかりと利かせた「なめこ汁」、醤油と酒、みりんなどで煮て「なめこおろし」、おろしを入れずに細かく刻んでご飯のお供やどんぶりに(刻んだネギを加えても)。麺類なら蕎麦の具にして「山菜そば」。鉄分を感じる青菜との炒め物、お鍋、納豆汁、天ぷらも美味。パスタやピザにも使ってみても。傘の大きい「ひらき」は通の味。大振りなものは網焼きもおすすめ。
なめこ汁