P9240412

おいしいササニシキが食べたい ササニシキに変わる銘柄はこれがおすすめ。



コシヒカリと肩を並べる最高の資質を持っているお米

 「ささにしき」(1963年・昭和38年 宮城県古川農業試験場で開発)は、コシヒカリと並ぶ作付面積を誇った横綱米でした(1990年の8万1755ha)。味の面でも「粘りのあるコシヒカリ」に対して「さっぱりとして和食に合うササニシキ」という構図もありました。なにしろ新興ブランド米は、「コシヒカリよりおいしい」を目指していることが多く、同じ系統の味わいが氾濫してきたように感じます。

 これまで食べてきたササニシキはまずかったのか、というとそんなことはなく定評があったからこそ拡大できたのです。その証しに料亭や鮨店など和食店ではササニシキの引き合いは今でも強いのです。「寿司店では」と、とかく引き合いに出されますが、この味が好きな人は寿司ではなく毎日のご飯として楽しんでいます。この甘くてすっきりとした味わいが「好み」で「和食」にはとてもよく合うお米なのです。玄米派の方には、もたれずにさっぱりとして好き、もち米系の低アミロースではないことからアトピーの方やアレルギーの方にも支持されています。

料理や好みに合わせて銘柄を楽しむ時代

 味付けに「こってりやさっぱり」、「もっちりやあっさり」があるように、おかずに合わせたり、体調や気分によって銘柄を選んでご飯を楽しむには、このさっぱり・あっさり・すっきり系の米は、名だたるブランド米と同様に最高の資質を持っているお米と云えます。だからこそ、すし店だけでなく、炒飯、うなぎや天ぷらなどの丼物、高級料亭、さらには、ピラフやリゾット、パエリアにも最適で定評は崩れていません。

 こうしてみるとササニシキはおいしい米として確固たるポジションを築いていることがわかりますし、私もササニシキは必ず食べたい銘柄のひとつです。

このおいしいササニシキは弱点が多すぎた

 
 しかし、あの米パニックを起こした1993年の大冷害のときに、不稔が大発生し米不足を招きました(岩手県は作況指数30、宮城全体は79も沿岸部は壊滅的な減収・それによって農家たちの収入の多くを失いました)そのなかで新品種の「ひとめぼれ」(1981年(昭和56年)宮城県古川農業試験場開発)がデビューしており、ササニシキより被害が少ない結果となり、ササニシキからひとめぼれに一斉に切り替わりました。現在の作付け量の減少は、消費者ではなく生産現場の都合だったのです。

 さらに、ササニシキは冷害に弱いだけでなく、猛暑にも弱いことがわかったのです。ここ数年は「高温障害」によって腹白米が多発、品質の低下が嘆かれています。お天道様のもとで作られるお米ですが、栽培方法も気候も大きく異なる50年前のこの米はすでに一部の環境でしか作れない希少品種となってしまったのです。

ササニシキを超える新品種ではないか


 そこで頼れるのがササニシキと同じようにさっぱりとした味わいで、さらには大粒で、粒がしっかりしている米、粒感がはっきりとわかる米、噛みごたえのある米、とてもおいしい新品種が出てきました。一度は食べてみる価値のあるのがこのお米。そのおいしいお米はこちらの記事で。